#154失楽新聞の記者は不機嫌な果実?  ○○○は、キモチいい? 気持ちワルイ?

Prev Index Next



*行政改革は・・・・・・・・キモチいい? 気持ちワルイ?
*大臣更迭は・・・・・・・・キモチいい? 気持ちワルイ?
*夫以外の男とのSEXは・・キモチいい? 気持ちワルイ?
*鏡に映った君の顔は・・・・キモチいい? 気持ちワルイ?

 アメリカの映画監督ガス・バン・サントの 「カウガールブルース」 では、カウガールたちが突然スカートをめくって、意図的に女陰(こういうと、いかにも陰湿なエロ感あり)を見せつけるシーンがあります。

 はっきり言って、これ、キモチわるかった。しかし、カウガールがイレーヌ・ジャコブだったら・・・・・それでも、やっぱし、気持ちワルイだろうね。

 この 「カウガールブルース」 は、リバー・フェニックスに捧げられています。なぜ?
 女陰露出とフェニックスは、とくに関係なさそうだけど?

 たぶん。ガス・バン・サントは、例の 「マイ・プライベート・アイダホ」 でリバー・フェニックスを使っていて、そのあと、リバーが薬物多量摂取で死んだので、とりあえず、作品の内容には関係なく、そのとき完成した作品を、追悼の意味をこめて、オササゲしたのでしょう。ね。

 そのリバー・フェニックスの最後の主演作品は、サム・シェパード監督の 「アメリカン・レガシー」 です。

 そうと思って見るせいか、いかにも、ヤクで体が蝕まれている病的な顔が、役にピッタシという・・・・。

 ま、ぼくだったら、 「カウガールブルース」 で追悼されても、ウレシクはないけれど、ヤクはヤク。

 さて、このまえの政府発表の調査によると、いまの高校生と覚醒剤に関する意識。

 それによると、20%(だったかな)の生徒が、「薬物摂取は個人の自由」「ヤクは気持ちいいもの」と認識。

 おやじ狩りにしても、援助交際にしても、シャブにしても、罪の意識は薄い。

 ま、昨今の大人の罪の意識の軽さと、とってもパラレルで。

 役所や会社を守るためなら、なにをやってもいいと思っている大人や、ギンギンの裏ビデオで生活をエンジョイしている謹厳紳士やらが「シャブは怖い」と言ったって、ちっとも説得力ないんだよね。

 そりゃ、そうだぜ。行くところへ行けば、「しゃぶって! しゃぶって!」が大好きな男が、「シャブは体によくない」。だったら、オマエも、シャブってもらうの止めるられる? 病められる?

 ところで、前述のシャブ意識調査の結果を報道した新聞のこと。

 もちろん、各紙いっせいに記事にしたのですが、なんと。

 静岡新聞は、これを一面のトップにもってきました。これは、大英断だったのですが、その見出しが、「自由」と「快感」を強調している(としか思えない)ものだったので、ビックリ。

 ぼくは、朝一番で、さっそく知人である編集局長あてに、「ちょっと、どうですか」と、FAXで「?」を呈しておいたのです。

 さて、その日の午後のこと。教育委員会の会議に出向いたら、やはり(?)、その記事が大問題になったらしく、お偉いさん何人かが、抗議に出かけたとのことでした。

 ちなみに、朝日・読売・産経は、「警戒心の薄いことは問題」といった意味の見出しで、マルでした。

 やれやれ。

 自由ってのは、ときとして一種の快感になりますが、新聞貴社さんも、 「失楽園」 やら 「不機嫌な果実」 ブームにのせられて、つい、軽率な見出しをつけてしまったのでしょうか。

Top Prev Index Next